ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

マルドナード「すべての部分で強さが求められるレース」

2014年03月23日(日)21:00 pm

ロータスのパストール・マルドナードが、セパン・インターナショナル・サーキットで行われるF1第2戦マレーシアGP(30日決勝)に向けて意気込みを語った。

パストール・マルドナード
「セパンはいいサーキットだし、それが僕たちに与える挑戦は本当に気に入っているんだ。クルマの観点からも、すごく興味深いものだよ。空力に関しては特にそうだし、タイヤについてもそうだ。アスファルトの状態がかなり変わるからね。オーストラリア(開幕戦)のよきよりはもっと順調に進むことを願っているよ。E22(今季型車)に関する目標や目的を達成するためにはものすごく懸命に取り組む必要があることは分かっている。僕たちは自分たちの目指すべきところが分かっているし、チームもそこに到達するんだという決意を抱いているよ」

「セパンでは天候がすごく変わりやすいということも分かっている。実際、いつもすごく暑かったり、ものすごい雨が降ったりするしね。本当に熱帯性の気候だから、僕たちはすべてのことに備えておく必要があるよ。それに、気温がすごく高いのはクルマの信頼性にとっても厳しいものだし、ドライビングの観点からもとてもストレスを感じるものなんだ。あらゆる点で、セパンは1年のうちでも最も厳しいレースになる。すべての部分で強さが必要になるよ」

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック