【マネー】ライフプランを考える

2014年02月13日(木)

ライフプランという言葉を聞いたことがありますか?日本語で人生計画という意味です。
人生計画、日本語だと何だか重たい感じがしますが、ライフプランを考えることについて今日はお話ししたいと思います。

ライフプランを考えることは、今わかる範囲で将来のことを知るという意味があります。

自分が何気なく、将来やりたいと考えていること(夢や希望)、不安に思っていることがライフプランを考えることによって、現実に目の前にあらわれます。
それは何も金銭に関することだけではありません。

例えば、あと何年で老後を迎えるのかとか、子供の独立まであと何年かなんてことまで、今考えている残りの人生が一覧になって突然目の前にあらわれてきます。

もちろん個々に考えて計算すれば、すぐわかるのですが、それが一覧表となってあらわれてくると、人それぞれですが、何かしら気づくことがあると思います。

まずは、エクセルで構わないので自分の年齢、配偶者の年齢、子供の年齢を横に並べた表を作ってみて下さい。自分の年齢が100歳になるぐらいまでで十分です。

次に、人生の節目で発生しそうなライフイベントをその発生年齢の所に書いて見て下さい。
ライフイベントとは、結婚、就職、退職など自分にとっての大きな出来事です。何か将来やりたいと思っていることがあったら、それも年表に記入します。ワクワクするイベントも入れてみて下さい。あまり現実的に考えるよりは、こうなったら楽しいだろうなぁという気持ちで作成してみて下さい。

出来上がったらそれをご家族で眺めてみて下さい。意外な気づきがどなたにもあると思います。

これがライフプランになります。いかがでしょうか?

ライフプランが実現できたら楽しい人生になりませんか?ファイナンシャルプランナーは、ライフプランを実現するために、主に金銭面について計画を作成し、実行する際のアドバイスを行ないます。

将来の夢の実現を金銭面で可能にするためのアイデアを考えるのがお仕事と言ってもいいかも知れません。

充実した人生をおくるため、是非ライフプランを作成してみて下さい。作成の仕方がわからなければ、お近くのファイナルシャルプランナーの方に聞いて見て下さい。

ご自身でファイナンシャルプランナーの資格の勉強をしながら作成するという方法もありますよ。

佐藤税理士事務所

◇ニュース検索ワード - | |
TopNews.JPのSNS