ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

マクラーレン・ホンダ、日本人F1ドライバー育成に動き出す?

2014年01月23日(木)15:48 pm

ホンダとマクラーレンが、GP2チームに日本人ドライバーを送り込むと報じられている。

フランスの『RMC』によると、GP2チームのARTが日本人ドライバーを起用するようだ。ARTは、FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長の息子、ニコラが運営するチーム。

今年のARTドライバーは、マクラーレンが育成するストッフェル・ファンドールネと、ホンダ系の日本人ドライバーになる可能性が高いという。

ホンダ、マクラーレン、ARTは今回の提携に合意しており、近日中にも正式発表されると『RMC』は伝えた。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック