ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ロータス、リザーブドライバー交代か

2014年01月06日(月)18:21 pm

ロータスがリザーブドライバーを交代することになりそうだ。

昨年所属していたキミ・ライコネン(現フェラーリ)が最終2戦を欠場した際、ダビデ・バルセッキがロータスのリザーブドライバーを務めていた。しかし、ライコネンの代役を務めたのはバルセッキではなく、ヘイキ・コバライネンだった。

バルセッキはチーム側の決定に不満を抱いており、「確かに僕は経験不足かもしれないけど、経験を積むチャンスなんてどこにある?」と当時語っていた。

『Italiaracing(イタリアレーシング)』によると、ロータスは同じくチーム代表のエリック・ブーリエがマネジメントを担当するマルコ・ソレンセンを2014年のリザーブドライバーにする見通しだという。

ソレンセンは、ロータスF1ジュニアチームに所属しているデンマーク出身の23歳。昨年は黒と金のロータスカラーをまとったマシンをフォーミュラ・ルノー3.5で走らせ、選手権7位に入った。また、9月にはポール・リカール・サーキットで、2年落ちのマシンを使って初のF1テストも経験している。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック