ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ディ・レスタ、F1キャリア終えんを認める

2013年12月12日(木)11:43 am

ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)は、自身のF1キャリアが終焉(しゅうえん)を迎えたようだと認めた。

ディ・レスタは現在、元マネジャーのアンソニー・ハミルトンから不当解雇で訴えられている。10日(火)、ロンドンの高等裁判所で行った証言の中でディ・レスタは次のように述べ、来季フォース・インディアに残留する可能性がほぼないことを認めた。

「彼ら(フォース・インディア)は、興味を持っているかもしれないですし、そうでないかもしれません」

「セルジオ・ペレス(マクラーレン)と話し合いを行っていると思います。どうやら私に来季のシートはなさそうです」

「唯一、可能性のあるチームはザウバーでしょう。しかし、私のマネジャーは、彼らと少し話をした程度に過ぎません」とディ・レスタは供述の中で明かした。

さらに、「私はいま、メルセデスとDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)について話をしています」と述べている。

F1デビュー前のディ・レスタは、メルセデスからDTMに参戦しており、2010年にはシリーズの年間チャンピオンに輝いている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック