ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ロータス、2014年最初のF1テスト延期を要請

2013年12月12日(木)11:58 am

2014年F1シーズンに向けた冬季テストが来月下旬、スペインのヘレス・サーキットで行われるが、ロータスがこれを1週間延期するよう求めている。

『Speed Week(スピードウィーク)』のマティアス・ブルナー記者が伝えたもので、9日(月)にパリで開かれたF1委員会の会合で意向を伝えたのだという。ロータスはもっか資金難に苦しんでいる。

来週バーレーンで予定される来季用タイヤのテストには、ピレリが全チームに2013年型マシンを使っての参加を促している。だが、誘いを断ったチームの中にロータスも含まれることは既知の事実である。

そのうえ2014年の公式テストに向けた準備も間に合いそうにないことが、これで明らかになったわけだ。このテストでは、新V6ターボエンジンを搭載した新マシンが初走行する。

ブルナーはあるチーム代表のこんな声を紹介している。「ヘレスの日程は誰もが把握している。当然、そこに向けて予定を立てているはずだ」

「だが、もし間に合わないとすれば、 自業自得というしかないね」

『Speed Week(スピードウィーク)』は、ロータスのテスト延期要求が通る可能性は30パーセントとする、別のチーム関係者の見通しも併せて伝えている。

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック