ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

GP2、第2のハミルトンやグロージャンは誕生するのか

2013年11月12日(火)15:57 pm

マクラーレンのチーム代表であるマーティン・ウィットマーシュによるGP2シリーズ(F1直下のカテゴリー)批判に、レッドブルのモータースポーツアドバイザーでドライバー育成責任者を務めるヘルムート・マルコが同調している。

2012年シーズンのGP2王者ダビデ・バルセッキは、2013年シーズンをここまでロータスのサードドライバーとして過ごしている。

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』は、今シーズンのGP2王者ファビオ・ライマーと2位サム・バードが、2014年シーズンにF1へ昇格する“チャンスは皆無”であると伝えている。

GP2とカテゴリーの異なるフォーミュラ・ルノー3.5シリーズでは、マクラーレンの育成ドライバーであるケビン・マグヌッセンとストッフェル・ファンドールネのふたりが2013年シーズンを圧倒した。

マグヌッセンとファンドールネに続いたのは、レッドブルの育成ドライバー、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタだった。しかし、レッドブルは、来シーズンのトロロッソのシートにGP3のロシア人ドライバー、ダニール・クビアトを抜てきした。

先日、マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは、GP2よりフォーミュラ・ルノー3.5シリーズのほうがはるかに質が高いと述べている。レッドブルのマルコもこれに同意する。

また、マルコはGP2とGP3のコストについて、次のように語った。「GP2は費用がかさみすぎだ。ドライバー1人につき、500万ユーロ(約6億6,500万円)もかかる。一方のGP3は1人あたり60万ユーロ(約8,000万円)で済む」

マルコはさらに、2006年のルイス・ハミルトン(現メルセデスAMG)や2011年のロマン・グロージャン(現ロータス)のように傑出したドライバーの台頭が無いとして、最近のGP2ドライバーの質についても苦言を呈している。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック