ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アロンソ「1周目のトラブルでレース全体が影響を受けた」

2013年10月28日(月)2:32 am

ブッダ・インターナショナル・サーキットで開催されたF1第16戦インドGP、決勝を終えたフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)は次のようにコメントした。

【結果】F1インドGP決勝、優勝者のタイム、2位以下はギャップ、周回数、ピット回数

■フェルナンド・アロンソ(決勝11位)
「今日は、1周目のトラブルでレース全体が影響を受けた。すぐにノーズを交換しなければならなかったんだ。1回余分にピットインして、追い抜くチャンスがまったくなかったから、本当に苦しい戦いだった」

「僕の前で、ウェバーが誰かに接触し、それから僕に接触した。そのあと4コーナーでバトン(ジェンソン・バトン/マクラーレン)とも接触したんだ。ステアリングが右コーナーですごく重く感じて、ピットインするしかなかった」

「ウェバー(マーク・ウェバー/レッドブル)やペレス(セルジオ・ペレス/マクラーレン)のレースを見れば、僕たちの戦略は良かったと思う。ほかがピットインし始めたときに、その2人はトップを走っていたからね。でも、ソフトでスタートしたほうもうまくいっていたのも確かだ」

「ベッテル(セバスチャン・ベッテル/レッドブル)にお祝いを言わなければ。このスポーツでも、ほかのスポーツでも、勝利する者が一番優秀なんだ」

「コンストラクターズタイトルに向けてポイントを獲得できなかったのが少し悲しい。でも、2位を取りたかったら、次の3戦でもっといいレースをして、2台ともは無理でも、少なくとも1台は、常に表彰台でゴールできるように努力しなければいけない」

【写真】F1インドGP土曜日(全30枚)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック