ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ベッテル、史上3人目となるF1の4連覇を達成/F1インドGP終了後ランキング

2013年10月27日(日)22:11 pm

F1インドGPでは、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がベルギーGPからの6連勝を記録。史上最年少でF1の4連覇を達成した。また、レッドブルもコンストラクターズ選手権の4連覇を確定させている。

【結果】F1インドGP決勝、優勝者のタイム、2位以下はギャップ、周回数、ピット回数

ベッテルは今週末、全セッションでトップタイムを記録して優勝。これにより、ファン・マヌエル・ファンジオ、ミハエル・シューマッハに続いて史上3人目となる4連覇を果たした。ベッテルは2010年の初タイトル獲得以来、まだ誰にもタイトルを譲っていない。

F1インドGP終了後ドライバーズ選手権トップ5
1.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)322ポイント
2.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)207ポイント
3.キミ・ライコネン(ロータス)183ポイント
4.ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)169ポイント
5.マーク・ウェバー(レッドブル)148ポイント
【順位表】ドライバーランキング一覧

レッドブルもコンストラクターズ選手権の制覇を確定。こちらもベッテルと同じく、2010年の初タイトル以来、ライバルにタイトルを譲ることなく連覇を続けている。

F1インドGP終了後コンストラクターズ選手権トップ5
1.レッドブル 470ポイント
2.メルセデスAMG 313ポイント
3.フェラーリ 309ポイント
4.ロータス 285ポイント
5.マクラーレン 93ポイント
【順位表】チームランキング一覧

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック