ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ウィリアムズ、入賞できる速さがなく/F1韓国GP日曜まとめ

2013年10月06日(日)23:39 pm

韓国インターナショナル・サーキットで行われたF1第14戦韓国GP、ウィリアムズのバルテリ・ボッタスは12位、パストール・マルドナードは13位だった。

【結果】F1韓国GP決勝、優勝者のタイム、2位以下はギャップ、周回数、ピット回数

■バルテリ・ボッタス(12位)
「1周目の出来事はちょっと不運だった。行き場がなくなり、それでひとつ順位を下げてしまい、その間にほかのドライバーたちは順位を上げることができていた」

「最初のスティントはスーパーソフトタイヤにてこずっていたからかなり困難だった。でも次のスティントでミディアムを履いたらペースもかなり改善されたよ。そしてセーフティカーによってトップ10に接近することができた」

「最後は、残りの周回においてポイントを取りにいけるだけのグリップを維持できるかどうかだった。でも、12位というのは順当な結果だと思うよ。僕らの前でゴールしたクルマは週末を通じて僕たちよりもペースがよかったからね」

■パストール・マルドナード(13位)
「1周目はすごくよかった。ターン3での接触事故によって大きく順位を上げることができ、9番手にまで上昇したんだ。トップ10以内の位置を守ろうと頑張ったけど、今日のレースはセーフティカーによって台無しにされてしまったよ。それによって後ろのクルマが僕の背後に接近することができた。そして2度目のリスタートのときに彼らはすごく速くて、僕を追い抜くことができてしまった」

「ポイント圏内でレースを終えることができなかったのは残念だ。でも、最終的な結果は今週末の僕たちのパフォーマンスを正しく反映するものだ。来週末の日本でのレースではもっと上を目指すために懸命に頑張る必要があるね」

【写真】F1韓国GPの美女たち(全15枚)
【写真】F1韓国GP日曜日(全30枚)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック