ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

フォース・インディア、戦略で上位進出を狙う/F1韓国GP土曜まとめ

2013年10月05日(土)21:07 pm

韓国インターナショナル・サーキットで行われたF1第14戦韓国GP、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルは予選14番手、ポール・ディ・レスタは予選15番手だった。

【結果】F1韓国GP 予選、Q1、Q2、Q3のタイム、周回数

■エイドリアン・スーティル(フリー走行3回目13番手/予選14番手)
「あと少しでQ3に手が届いたのにな。わずか100分の1秒ちょっとの差だよ。今日はほんとうに接戦だった。週末を通じてセットアップに専念してきたから、マシンのバランスにはすごく満足している。それでもあのタイムアタックはいっぱいいっぱいだった」

「14番手スタートだから、シンガポールGPと同様、明日もポイント獲得の可能性がある。どのマシンもペース的には似たりよったりだね。決勝はほかとどこか違う戦略を試して、レースの可能性を少しでも広げたい」

■ポール・ディ・レスタ(フリー走行3回目16番手/予選15番手)
「ここ数戦、軽いタンクの状態で走りに苦しんでいる。予選パッケージがうまく決まらないんだよ。たぶん、決勝ペースのほうに焦点を絞っているからだね。シンガポールGPでも、そんな感じだった。それを明日に活用できればいいんだけどな」

「ロングランの速さはいい感じなんだ。タイヤの減り方も昨日は申し分なかった感じだ。だから決勝でいいマシンには仕上がっていると思う。できれば周りのマシンを何台か出し抜きたいね。そうすればポイントも見えてくる。おまけにグリッドは路面のきれいな側だから、それがここ韓国では大きな意味を持つよ。いいスタートさえ切れれば、僕らの戦略が生きてくると思う」

【写真】F1韓国GP土曜日(全30枚)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック