ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ロータス、グロージャンが3番手スタート/F1韓国GP土曜まとめ

2013年10月05日(土)19:46 pm

韓国インターナショナル・サーキットで行われたF1第14戦韓国GP、ロータスのロマン・グロージャンは予選4番手、キミ・ライコネンは予選10番手だった。

【結果】F1韓国GP 予選、Q1、Q2、Q3のタイム、周回数

■ロマン・グロージャン(フリー走行3回目6番手/予選4番手)
「今日の目標はメルセデスAMGと戦って上位に行くことだった。そしてその通りにできたよ。レッドブル勢は常に速くなっていた。だから、彼らに比較的近いタイムを出せたという意味では悪くないね」

「ほかのドライバーがペナルティーを受けることでグリッドが上がるのは望んでいるような形ではない。でも、僕自身もそういう状況に置かれたことがあるし、これもこのスポーツの一部だからね。もちろん、僕たちにとっては有利になるよ。路面が荒れていないほうからスタートができるからね」

「明日は、タイヤの性能低下による影響という観点からは面白くなるだろう。でも、僕たちの昨日のレースペースは力強いものだったから、いい成績を残すことを目指しているよ」

■キミ・ライコネン(フリー走行3回目8番手/予選10番手)
「予選最後のセッションで唯一の新品タイヤセットでミスをしてしまった。だから、あれ以上の順位を狙うには十分ではなかったよ。それによって最終的に10番手となり、明日は9番目からスタートすることになる」

「クルマはちょっとばかりアンダーステアが強くて、週末のあいだずっと苦しめられてきた。昨日のロングランでのペースを見れば、決勝では強いはずだ。でも、もちろん、天候がどうなるかを見ないとならないけれどね。明日はもっとうまくやれることを期待している」

【写真】F1韓国GP金曜日(全30枚)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック