ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

F1第14戦韓国GPフリー走行3回目の結果

2013年10月05日(土)11:58 am

2013年F1第14戦韓国GPが10月5日(土)、韓国インターナショナル・サーキット(1周/5.615km)で2日目を迎え、現地時間11時(時差なし)から60分間、フリー走行3回目が行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がトップになった。

韓国GP2日目も午前中から晴れた。セッション序盤は、コースが滑りやすいため、ガレージから出て行くクルマは少なかったが、開始20分ごろからコースインするクルマが出始めた。

予選前最後のセッションでは、目立ったスピンもなく、スーパーソフトタイヤでのタイムアタックでは、ベッテルがトップタイムを記録した。3、4番手にメルセデスAMGが入っている。フリー3のトップタイムは、1分37秒881。

2番手から5番手までの結果は次のとおり。
2番手マーク・ウェバー(レッドブル)、3番手ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)、4番手ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、5番手フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)。

F1韓国GP予選は、このあと現地時間14時から始まる。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック