ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ピレリ、フリー走行での作業が非常に重要/F1韓国GP金曜まとめ

2013年10月05日(土)10:49 am

F1タイヤサプライヤーのピレリは、F1第14戦韓国GP金曜フリー走行を終えて、「横方向の負荷が非常に大きいため、戦略を構築するにあたって、多様な燃料搭載量での摩耗とデグラデーションのレートを正確に読む作業が絶対不可欠」だと語った。以下、ピレリのプレスリリース。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、P Zeroレッド・スーパーソフトタイヤを使用して、韓国グランプリ金曜フリー走行の最速タイムを、フリー走行2回目(FP2)で記録しました。韓国グランプリには、PZeroレッド・スーパーソフトとP Zeroホワイト・ミディアムコンパウンドが選択されています。これは、2週間前のシンガポールグランプリでのタイヤ選択と全く同じです。

ハミルトンは、午前中のフリー走行1回目(FP1)でレース用のセットアップ作業を行う中、P Zeroホワイトで最速タイムを記録し、ヨンアムサーキットでの2つのセッションでトップとなりました。本日の最速タイムは、ハミルトンがFP2で記録した1分38秒673でした。ハミルトンがFP2のセッション半ばで最速タイムを記録し、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが、同じくスーパーソフトコンパウンドで2番手タイムを記録しました。

両セッションともに、最高気温が24℃の温暖なドライコンディションの下で行われました。しかし、明日以降は雨まじりの天候が予測されており、日曜日の決勝はウェットでのレースになる可能性があります。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクターポール・ヘンベリーのコメント:
「各チームは、シンガポールでの経験から、ミディアムとスーパーソフトに関して既に豊富なデータを持っていますが、このサーキットの特性はシンガポールとは全く異なるものです。特に横方向の負荷が非常に大きいため、戦略を構築するにあたって、多様な燃料搭載量での摩耗とデグラデーションのレートを正確に読む作業が絶対不可欠です。フリー走行の序盤、トラックは非常に“グリーン”な状態でしたが、これは予測していたことで、トラックにラバーが乗るにつれてタイムが速くなっていきました。滑りやすい路面にもかかわらず、グレイニングはそれほど問題にはならず、概ね順調に進んだので、各チームはプログラムを予定通りに消化することができたと思います。両コンパウンド間の性能差は、明日はもう少し縮まってくると予想していますが、現時点でラップあたり約1秒ですので、興味深い戦略を組み立てるための余地は広範囲に渡ってあるでしょう。しかし、天候とセーフティカーについては予測がしにくく、この土日の天候は不安定な状態となりそうで、また、韓国でのセーフティカー導入率も高いため、これらがレースの様相を一変させる可能性があります。これらの不安定な状況の下、できるだけ多くの情報を持っておくことが常にベストなことです。したがって、フリー走行での作業が非常に重要になるのです」

本日のラップタイム上位:
FP1
1 ハミルトン 1分39秒630 ミディアム中古
2 ベッテル 1分39秒667 ミディアム中古
3 ウェバー 1分39秒816 ミディアム中古

FP2
1 ハミルトン 1分38秒673 スーパーソフト新品
2 ベッテル 1分38秒781スーパーソフト新品
3 ロズベルグ 1分38秒797 スーパーソフト新品

本日の統計:
スーパーソフト
走行距離 * 1,785
使用セット数 ** 22
最多ラップ ** 21

ミディアム
走行距離 * 4,458
使用セット数 ** 44
最多ラップ ** 26

インターミディエイト
なし

ウェット
なし

*本日のFP1とFP2での全ドライバーによる総走行距離(km)
**コンパウンド毎の全ドライバー統計

荷重:
減速時の最大Gフォース(縦方向の荷重)ターン1で-4.94G
コーナリング時の最大Gフォース(横方向の荷重)ターン8で4.99G

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック