ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

セナ、F1キャリア終了を認める

2013年10月02日(水)9:33 am

アイルトン・セナのおいであるブルーノ・セナが、自身のF1キャリアがほぼ終わったことを認めた。

「セナ」の名前と共に華々しくF1デビューを果たしたセナは、昨年までウィリアムズのステアリングを握っていた。HRT、ルノー、ウィリアムズのドライバーとしてグランプリに出場し、通算33ポイントを獲得したセナは29歳にしてF1ドライバーとしてのキャリアの終えんを感じていると言う。

現在、セナはFIA(国際自動車連盟)のWEC(世界耐久レース)にアストン・マーチンから参戦しており、2014年からインディカーあるいはNASCARに転向するとも言われている。

F1復帰について、セナはブラジルの『Globo(グローボ)』に「扉は閉ざしていないけれど、強いクルマに乗るチャンスはとても少ないんだ。だから、F1のことで気をもんだりはしていない」と話した。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック