ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

クビサ、サーキットでのF1テスト計画は?

2013年06月25日(火)9:47 am

ロバート・クビサが、モータースポーツ最高峰のF1に復帰しても、8割のサーキットでは走ることができると語ったものの、実際にサーキットテストを行いたいと焦ってはいないと主張している。

かつてBMWザウバーやルノーで活躍したクビサだが、2011年シーズン開幕前にラリーレースでクラッシュ。その後、事故の後遺症で麻痺した右腕のリハビリを続けながら、F1復帰への道を探っている。そのクビサが、イタリアの『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』に非常にF1が恋しいと認め、次のように語った。

「また、あそこへ戻って、留まるためなら何でもするよ。でも、理由は明らかだけど、日ごとにその可能性は失われていくんだ」

「だから、僕がF1を恋しく思うのは当然のことさ」

28歳となったクビサは、現在シトロエンとともに世界ラリー選手権のWRC-2クラスに出走し、素晴らしい戦いができていることに満足しているとし、次のように続けた。

「(F1で走るには)まだ、右腕が完全に動かせる状態ではないんだ」

「これからも長い道のりになるし、僕だけの力ではどうにもならないこともある。F1でレースをするための完全な身体機能を取り戻すことはないだろう」

そう語ったクビサだが、現在はブラックリーにあるメルセデスAMGの本部で定期的にF1シミュレーターでのテストを行っている。メルセデスAMGではクビサがクルマの開発を支援していることを認めている。

しかし、クビサは次のように続けた。

「実際のところ、すべてのサーキットをドライブすることはできなかったよ。たとえば、モンテカルロではハンドルの切り返しも多いし、僕にはそれができなかった」

「間違いなく、僕はクルマをドライブすることができた。シミュレーターで、以前と同じように運転できていると感じることができたよ。でも、僕がすべてのサーキットに対応できないのであれば、(サーキットで)テストをしても意味がないんだ」

さらに、『Autosprint(オートスプリント)』にも次のようなクビサのコメントが掲載された。

「身体的負担に関しては、もちろん、シミュレーターではGフォースを再現することはできない。でも、クルマでやることや、操作に関しては本物のクルマとほとんど同じだよ」

「今では、誰の助けも借りずに(シミュレーターを)使うことができる。でも、本当に正直に言えば、8割程度のサーキットで運転するのが精一杯かもしれない」

クビサは、すでにサーキットでのF1テストを行う予定が組まれているようなことはないと否定し、笑いながら次のように続けた。

「だって、そういう秘密を隠し続けることはできないよ」

「本当にないんだ。レースに復帰できるという見通しがなければ、テストにはそれほど興味はないよ」とクビサは締めくくっている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック