ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペトロフ「チーム10位は特別な意味を持つ」

2012年11月26日(月)18:16 pm

ケーターハムのビタリー・ペトロフは、インテルラゴス・サーキットで行われたF1ブラジルGP決勝を19番手からスタートし、11位になった。

【写真ギャラリー】F1ブラジルGP日曜 決勝の様子 その1

ビタリー・ペトロフ
「最高のレースだった。チームのためにとてもうれしいよ。今日のコンディションでこんなにもすばらしい仕事をしてくれたチームの1人1人に感謝したい。(チームで争う)コンストラクターズ選手権で10位の座を(マルシャから)取り戻せたことは、チームのみんなにとって本当に特別な意味を持つ。1年を通じて一生懸命働いた僕たちはそれにふさわしいと思う」

「今日は、これまでに経験した中でもっともきついレースだった。でも、最高のレースでもあった。スタートがうまく行って、一気に数台を追い抜いたし、ターン4での混乱もうまく避けられた。それ以降はコンディションの変化に合わせて、できる限り強気の走りで攻めたよ。ピットストップに関しても、今日はタイミングがバッチリだった。ピットクルーも完ぺきに作業してくれたしね」

「54周目でインターミディエイトタイヤ(路面の水量が少ないとき向け雨用タイヤ)に交換したのが今日のレースのポイントだったと思う。最後の数周までピック(シャルル・ピック/マルシャ)といいバトルを繰り広げられていた。ターン3で並んで、一気に引き離した。それ以降は、コース上でそのままの状態を維持することに集中したよ。最後にセーフティーカーが入るって聞いたとき、あと1周しか残っていないってわかっていたから、最高の気分だった」

「これからお祝いさ。サーキットに来ているチーム、ファクトリーのスタッフ、ケーターハムのパートナーたち、そして技術面でのパートナーであるルノーとレッドブル、これらの人たち全員のおかげだよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック