ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペトロフ「何が起こっても不思議じゃない」

2012年11月25日(日)19:08 pm

ケーターハムのビタリー・ペトロフは、インテルラゴス・サーキットで行われたF1ブラジルGPフリー走行3回目で22周を周回し、ベストタイムは1分15秒159で18番手。予選では、ベストタイム1分17秒073で19番手になった。

【写真ギャラリー】F1ブラジルGP土曜 フリー走行と予選の様子

ビタリー・ペトロフ
「今日の結果にはとても満足だよ。Q2に進出するだけの力はなかったけれど、今日のようなコンディションのもとでは、喜んでいい結果だと思う。最初の数周の時点では第4コーナーが完全にウエット状態だったから、タイヤの温度が下がらないようにしながら、乾いたラインが現れてくるまで、とにかく攻め続けたよ。結局、それが功を奏したんだ」

「明日はすごく面白くなりそうだね。僕たちは、昨日も今日も、最近の何レースかと比べて僕たちよりも上位のチームとの差を少し縮められているし、天候が変化してきていることを考えれば、レースで何が起こっても不思議じゃないよ。そうなることを期待している。いずれにしてもファンにとっては面白くなるだろうね。いい形でシーズンを終えることができるよう願っているよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック