ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

セナ「クルマの挙動を読むのが難しかった」

2012年11月03日(土)6:22 am

ウィリアムズのブルーノ・セナは、ヤス・マリーナ・サーキットで行われたアブダビGPフリー走行1回目では控えドライバーのバルテリ・ボッタスにシートを譲ったため走らず。フリー走行2回目では、34周を周回してベストタイムは1分43秒191で11番手になった。

ブルーノ・セナ
「今日は大変な1日だった。タイヤの性能低下がかなり激しかったし、少しブレーキングで問題があって、クルマの挙動を読むのが難しかった。だけど、今日集めたデータがたくさんある。明日までによく調べるよ」

「予選でトップ10に入るのは可能だ。パストール(マルドナード/チームメート)のクルマが見せたペースを見ても分かる。だから今夜はしっかり仕事をして、明日さらに進歩できるようにするよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック