ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

セナ「ミスさえ無ければトップ10に入れていた」

2012年10月28日(日)1:51 am

ウィリアムズのブルーノ・セナは、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われたインドGPフリー走行3回目で、24周を周回してベストタイムは1分26秒214で6番手。予選では、1分26秒331で13番手になった。

F1第17戦インドGP土曜 写真ギャラリー

ブルーノ・セナ
「ミスをしてしまったのが悔やまれる。あれさえ無ければ、トップ10に入れていたのに。今朝のフリー走行3回目とQ1ではよいペースだけでなく、ここ数レースでチームが遂げた進歩も披露することができた。正しい方向へ向かっている証拠だね。ロングラン(一度に多くの周回を走ること)で強さを発揮できているから、明日の決勝では順位を取り戻してポイント獲得を目指すよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック