ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

F1第17戦インドGP終了後ランキング、ベッテルがリードを広げる

2012年10月28日(日)21:24 pm

F1第17戦インドGPでセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が優勝。F1史上最年少での3連覇へまた一歩近づいた。

インドGPのフリー走行3回すべてでトップタイムを記録したベッテルは、そのままポールポジションを獲得。決勝では、一度も首位の座を譲ることなくシンガポールGPからの4連勝で今季5勝目を記録した。これにより、ランキングで2位につけるフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)とのポイント差は13ポイントに広がった。小林可夢偉(ザウバー)はポイント獲得を逃したものの、ランキング11位のままになっている。

F1インドGP終了後ドライバーズ選手権トップ5
1.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)240ポイント
2.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)227ポイント
3.キミ・ライコネン(ロータス)173ポイント
4.マーク・ウェバー(レッドブル)167ポイント
5.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)165ポイント
ドライバーランキング一覧

チーム部門のコンストラクターズ選手権では、順位変動がなかった。しかし、トップのレッドブルが2位フェラーリとの差を大きく広げ91ポイント差になっている。ザウバーはランキング6位、5位のメルセデスAMGとは20ポイント差だ。

F1インドGP終了後コンストラクターズ選手権トップ5
1.レッドブル 407ポイント
2.フェラーリ 316ポイント
3.マクラーレン 306ポイント
4.ロータス 263ポイント
5.メルセデスAMG 136ポイント
チームランキング一覧

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック