ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

F1第17戦インドGPフリー走行3回目の結果

2012年10月27日(土)15:37 pm

2012年F1第17戦インドGPが10月27日(土)、ブッダ・インターナショナル・サーキット(1周/5.125km)で2日目を迎え、現地時間11時(日本時間14時30分)から60分間にわたって行われたフリー走行3回目で、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がトップになった。

金曜日のセッションよりも晴れて、路面温度が35度まで上がったフリー走行3回目。金曜のフリー走行で2回ともトップタイムを出したベッテルが、フリー3でも速さを見せ、ひとりだけハード側のタイヤ(インドGPではハードコンパウンド)で1分25秒台を記録。

セッション終盤に予選を想定してソフト側のタイヤ(インドGPではソフトコンパウンド)での走行が始まってもベッテルのタイムを上回るドライバーはいなかった。ベッテルが記録したトップタイムは1分25秒842。

2番手から5番手までの結果は次のとおり。
2番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)、3番手マーク・ウェバー(レッドブル)、4番手ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、5番手キミ・ライコネン(ロータス)。

小林可夢偉(ザウバー)は1分27秒983で18番手、チームメートのセルジオ・ペレスは1分27秒162で13番手だった。

インドGP予選は、このあと現地時間14時(17時30分)から始まる。

【結果】F1第17戦インドGPフリー走行3回目、各ドライバーのタイム、タイム差など
F1第17戦インドGPフリー走行3回目、詳細レポート

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック