ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペトロフ「タイヤの扱い方が重要になる」

2012年10月24日(水)23:10 pm

ケーターハムのビタリー・ペトロフが、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われるインドGP(10月28日決勝)に向けて意気込みを語った。

ビタリー・ペトロフ
「インドのサーキットはいいね。かなりスムーズだし、きれいで、広いんだ。だからいくつかのコーナーでは複数のラインをとることもできる。それに、本当にいいコーナーがいくつかあるんだ。たとえば、スピードを落とさずに進入できる連続左コーナーである第5、第6コーナーや、第7、第8、第9コーナーを抜けてシケインにさしかかるブレーキポイントとかね」

「サーキットの路面の状況は韓国とかなり似ているね。週末を通じてかなり改善されてゆくだろうし、時間を追うごとにグリップレベルがよくなるはずだ。でも、今年はずっとそうだけど、タイヤをどう扱うかということが本当に重要になるだろうね」

「韓国では、フリー走行のときに望んでいたほどの走行時間をとることができなかったから、インドでは可能な限りたくさんの周回をこなすことを目標にしたいと思う。そうすれば決勝レースの長い距離を走るときのタイヤの挙動についてできる限りの知識を得たうえで日曜日(決勝)に臨むことができるからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック