ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

セナ「すごくフラストレーションのたまる予選」

2012年10月07日(日)0:13 am

ウィリアムズのブルーノ・セナは、鈴鹿サーキットで行われたF1日本GPフリー走行3回目で19周を周回して、ベストタイムは1分33秒984で16番手。予選では、1分33秒405を記録して18番手になった。

F1第15戦日本GP土曜 写真ギャラリー

ブルーノ・セナ
「Q1の最後でタイムアタックをじゃまされて狙っていたタイムを出せず、すごくフラストレーションのたまる予選だったよ。でも、明日は長いレースとなる。追い越しが難しいサーキットであるのは確かだけど、こんな経験は以前にもあるからね。できる限りのことはやって、何点でもいいから獲得したいな」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック