ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

セナ「22番手スタートだったのにポイント圏争いができた」

2012年09月24日(月)10:25 am

ウィリアムズのブルーノ・セナは、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われたシンガポールGP決勝を22番手からスタートし、リタイアしたが18位完走扱いになった。

F1第14戦シンガポールGP日曜 写真ギャラリー

ブルーノ・セナ
「いくつかトラブルがあったことを思えば、いいレースができたと思う。最初の数周はすごくいろいろなことが起こったけれど、必要な時に追い抜くこともできたし、序盤はペースも良かった」

「完走さえできればポイントを獲得できる可能性も高いというレースになっていたけれど、残念なことに完走できなかった。残り16周でKERS(運動エネルギー回生システム)がだめになって、終盤は順位を守るのが大変だった。今日は自分のレースに満足しているよ。22番手スタートだったのにポイント圏内を争っていたんだからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック