ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

レッドブル、WRCのプロモーターに?

2012年08月11日(土)23:50 pm

2つのF1チーム、レッドブルとトロ・ロッソを所有する世界的飲料メーカーのレッドブルが、世界ラリー選手権(WRC)のプロモーターになる見込みだ。

今年初め、4輪モータースポーツの統括団体FIA(国際自動車連盟)がWRCのプロモーターであったノース・ワン・スポーツとの契約を解除した。以来、ラリーのトップカテゴリーであるWRCがプロモーターなしで開催されるという異例の事態が続いている。

ノース・ワン・スポーツの親会社である複合企業コンバース・スポーツ・イニチアチブは、ロシア人のウラジミール・アントノフが率いていたが、『Times(タイムズ)』紙によると、アントノフの不正行為が疑われたことをきっかけに同社は破たんしたようだ。

ジャーナリストのケビン・イーソンは、FIAが依然として次のプロモーターを見つけられずにいると伝えた。

「FIAは…かつてF1と並び立つ存在だった選手権を復活させる機会を、レッドブルのメディア部門に提案しようとしているようだ」とイーソンは『Times(タイムズ)』紙の記事で伝えている。

レッドブルが、現在すでに複数のラリードライバーとシトロエンのスポンサーを務めていることに付け加えて、イーソンは次のように書いた。

「そのマーケティングのうまさで、(レッドブルは)この選手権が必要としている救世主になれるかもしれない」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック